トップ アイコン
トップページヘもどる


マイホーム購入のためのちょっとアドバイス
(2) 不動産取引の紛争事例

賃貸借契約におけるちょっとアドバイス

マイホーム購入のためのちょっとアドバイス
(1) 安心できるマイホーム購入のために

宅地建物取引の相談




不動産取引でお悩みの方へ

宅建業を始めたい方へ

宅建業免許の申請等についてよくあるお問い合わせ

宅地建物取引業免許について

2005年5月19日の朝日新聞によると「大阪府が18日、賃貸住宅から入居者が退去する際の現状回復を巡る
トラブルを未然にぐための研究会を発足させた。」とのこと。
えっ?現状回復のガイドライン(指針)って、国土交通省が出してなかった?
って感じなのですが、府住宅まちづくり政策課によると「関西と関東では賃貸住宅の慣行が異なるため、
府内の実情に合わせたトラブル防止策をまとめたい」とのこと。

確かに・・・。大阪って「敷金」っていうのよりも、「保証金」っていう方がポピュラーだし・・・。
関東って「敷金○ヶ月」とかみたいなのが多いんですよね・・・。
大阪は「保証金○○万」って感じが多いですよね。

新聞によると、府住宅相談室に、昨年度、現状回復に関する相談が671件あったそうです。
結構、多い数字ですよね。私も、そんな方々のお役に立てれば・・・、と思います。
きちんと、はっきりと、明確な指針が出ると、借主さんはもちろん、賃貸仲介業者さんも、貸主さん、大家さんも、悩みが少なくなるかもしれませんね・・・。